本文へスキップ

オービーエー静岡はお客様の海外取引の商談/交渉/契約のお手伝いを専門とする海外取引アドバイザーです。商談・契約交渉の支援の他、取説翻訳や海外事業部員育成講座の提供も行います。

TEL: 0547-38-5303〒427-0111 静岡県島田市阪本30-1

 オービーエー静岡(OBA-Shizuoka)は、国内の中小企業の皆様を顧客とする海外取引(商談・交渉・契約)アドバイザー です。
商談から - 交渉 - 契約締結までを通してお手伝いすることを基本業務とします

輸出入・海外プラント工事・技術者派遣・技術提携・販売提携・委託生産・海外事業展開など様々な海外関連案件に関して、顧客が海外相手企業との間において英語を介して行う交信 - プレゼン - 商談、そして売買契約・請負契約・技術提携契約・販売代理店契約・委託生産契約等に関する英文契約書作成から - 条文細部の交渉 - 合意 - 締結までの過程において、適切なアドバイスを顧客に提供致します。

 要請があれば、相手先企業との商談折衝や契約交渉などの実際の交渉現場に同席し、商談通訳ならびに顧客のために交渉支援を行います。

 加えて
海外出張や出展に同行/ 海外出張や赴任予定者向け直前講座/ 海外営業部員や海外事業部員の育成補助講座/ 広告記事・図面・カタログ・取説の翻訳/ 英文契約書や技術文書の翻訳または作成/ 等の関連サービスの提供も可能です。

 海外営業、 海外仕入購買、海外企業提携、海外プロジェクト請負工事、海外事業展開などに携わる社員の方々のスキル向上にもお役に立ちたいと考えています。

 オービーエー静岡が、商談から契約締結までのお手伝いやその他の関連サービスの提供を通して、目に見える形で顧客の便宜や利益の実現に繋げることができるとすれば、これに優るものはありません。新たな案件ならびに顧客との出会いを心待ちにしていますので、是非、お気軽にご相談下さい。

TOPICS :代表者の ”ひとこと”:  (日本の若者)

  • テーマ: 日本の就学生や就活生は、国内の厳しい就活戦線においては日本で学んでいる留学生組に押され気味で、且つ、内向き志向が強く海外留学や海外就職をしたがらない傾向を強めていると言われている。
  •                       本当なのかな? 
  •  本心は海外へ飛び出してバリバリやりたいのに、国内生活環境の便利さを捨てる怖さが先に立ち留学や海外就職への道に自らブレーキを踏んでしまうのか? 就活ではバイリンガルで且つ積極性に富んだ留学生に気後れし、海外への留学や就職については飛び出たところでバイタリティ溢れる人間達ととても競争できないと弱気になり諦めてしまうからか? それとも、道具や武器が不足していると内面的に自覚していて無手勝流ではとても太刀打ちできないと二の足を踏んでいるのか? もしそうならば、実に、”もったいない話”である。道具や武器を身に纏おうと考えることは賢明なことであり、現実的な解決策である。身に纏う術を見つけられずにいるのならば、そういう日本の若者に道具や武器を身につけさせてあげたいし、少なくとも、身に纏う方法についてのヒントを与え手助けしたいと思う大人はきっと私だけではないと思う。武器を持たせ背中を押してあげられる機会があれば協力を惜しまないので、積極的に外に飛び出て他流試合をしてきたらいいと思う。
     飛び出るための武器となるのは実戦英語でのコミュニケーション力、国内外の歴史教養、国内外の文化社会の素養、世界地理と国際地政学の素養でしょう。これらを必死に勉強して武器にしよう。そして国際社会や国際ビジネス世界に飛び込み、体験を重ねて様々なケースでの対処方法を身につけられたらしめたもの。身についたその逞しさが外交・政治であれ何であれ色々な世界に応用が利くはず。20歳代、30歳代、40歳代、50歳代と年齢を重ね各自が最も力を発揮できると考える時期に日本を背負って立って欲しい。視野を世界に拡げ、世界の中での日本と日本人のあるべき立ち位置ならびに日本人の価値観と正義感を自覚した上で対外的な発信・主張を行って欲しい。
     他国の同世代の人間に混じり議論を交わし、協力すべきは協力し、競争すべきはひるまずに競争して事に当たって欲しい。ビジネス世界であれ政治の世界であれ、医学や医療の世界であれ教育や介護の世界であれ、スポーツの世界であれ文化芸能の世界であれ、組織単位であれ個人単位であれ、これ等しくの意味である。
     日本の若き世代が世界の人々と正々堂々とコミュニケートし、この国の将来を背負う気概を持ち合わせた人間になろうと努力されることを強く祈願したい。
    •  

ナビゲーション

オービーエー静岡
(海外取引商談アドバイザー)
         通訳案内士
静岡県島田市阪本30-1

TEL 0547-38-5303/0477
FAX 0547-38-5303